診療案内

ホーム > 診療案内 > 診療科目一覧 > Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザー

境界明瞭な色素斑がきれいにとれるレーザー

Qスイッチ・ルビーレーザー(波長694nm)は皮膚内部のメラニン色素を最も効果的かつ安全に反応・分解することができるレーザーです。超瞬間的に照射されたレーザーは周辺組織のダメージを最小限に抑え、シミやあざのもとであるメラニン色素のみを破壊します。反応したメラニン色素は徐々に分解、吸収されていきます。照射部位は徐々にかさぶた状になり、7~10日程でかさぶたが自然とはがれ落ちます。当レーザーは承認医療機器であり、疾患の種類によっては保険適用になります。

当院のQスイッチ・ルビーレーザー「nanoQ」は、ルビーレーザーの中で唯一の日本製レーザーで、日本人に適したマイルドな照射が可能です。特徴は、照射時のエネルギーが均一に照射でき(トップハット型)、照射後の色素沈着のリスクが少ないことです。

<適応>

・しみ(老人性色素斑)
・ADM(遅発性太田母斑様色素斑)

<治療の流れ>

医師の診察により、この治療に適した疾患かアドバイスをさせていただきます。

この治療がよい場合、「しみとりレーザー(またはQスイッチ・ルビーレーザー)」でご予約をお願いします。
事前に麻酔クリームをご希望の方は予約時にお知らせください。
他の美容治療と同日で行うこともできます。

予約日に来院後、照射部位のメイクを落とします。(すべて当院でご用意しています)

診察室で医師が照射します。
痛みはごく軽度なので、麻酔なしですぐに照射できます。
痛みを感じやすい方や、ADMの方は事前に麻酔の外用をすることができます。

照射部位に透明のテープを貼って治療は終了です。
テープは透明なので目立ちません。
テープの上からメイクができます。
1週間は貼付してください。

照射後2週間前後で、治療経過の確認のため診察をお願いします。

<治療成功のコツ>

Qスイッチ・ルビーレーザーは最も色素斑が取れやすいレーザーですが、日本人では70%に一過性の炎症後色素沈着(PIH)が起こることが知られています。 一方、IPL(Pフェイシャル)はPIHがほぼ起きないため、PIHが心配な方にはPフェイシャルの治療をお勧めします。

当院では長年PIHがおこりやすい他のレーザー治療を行ってきましたが、治療の工夫でPIHは起こりにくくなると考えています。
その方法をいくつかご紹介いたします。

  1. レーザー治療前にシナール・トランサミンの内服と、皮膚の刺激をマイルドにコントロールしたトレチノイン・ハイドロキノンの外用療法を1カ月以上行う。
  2. 治療部位のテープ交換数をできるだけ減らす。
  3. 炎症を抑えるためのスキンケア指導。
  4. ミネラルパウダーをパフでおくようにのせるメイク指導。
  5. 抗炎症、抗酸化作用のある内服の併用。
    (なかでも漢方薬は強い抗酸化、抗炎症作用があります)
  6. 照射方法の工夫。

<治療費>

1mm 1,000円

<治療費の目安>

長径1センチのしみ 10,000円(治療回数1~2回)
両頬のADM 25,000円(治療回数3カ月ごとに3~5回)

<治療時間>

5分~30分

<オプション>

麻酔クリーム密閉療法 759円(待ち時間にお飲み物をお出しいたします)
麻酔テープ 200円(1枚目は無料です)
透明テープ(治療後1週間・上から化粧をしていただけます) 1枚200円
透明テープ(治療後1週間後も保護したいとき)1枚800円

当院ではプライバシーを重視した個室治療のため、予約制になっております。

  • 診療時間

    月・火・水・金  10:00~19:00
    (診察の最終受付時間は17:30となります)
    土        10:00~17:00
    (診察の最終受付時間は16:00となります)

  • 休診日

    木曜・日曜・祝日

  • ご予約

    025-247-8800※お電話は診療時間内でお願いします。
    >>オンライン診療はこちら

Access Map

野本真由美スキンケアクリニック周辺地図

〒950-0088 新潟市中央区万代1丁目3-7 NDK万代ビル2F
新潟駅より徒歩8分。新潟伊勢丹斜め前。<より詳しい地図で確認する>
10,000円以上の美容治療を受けられた方には、万代共通駐車場1hサービス券をお出ししております。